レスキューミー!ロゴ
FAQ検索  
トップに戻る電話サポートメーカー FAQ 検索ニュース検索教えて Me!FAQ 集契約約款
教えて Me!

文書番号:00013 更新日:2005/07/20

 
  Q:

メールの署名の設定が反映されない

 

Outlook Express 6 で、メール送信の形式 (テキスト) で 40 文字改行の設定を行い、自動署名も 3 行で作成してあります。ところがメールを送信すると相手には設定通りには届かず、改行が勝手に設定され、自動署名も 1 行になったり 3 行になったりで、設定が反映されていないように思えます。

設定通り相手に受信されるにはどのようにしたらよいのでしょうか?

Yokohama Georgeさんからのリクエストです。)


 
 
  A:

改行の位置、設定を再度ご確認ください。

 
       
   

署名の表示のずれについては、パソコンで扱う文字にの仕組みに起因するいくつかの問題が関連していると思われます。
代表的な原因をご紹介しますのでご確認ください。


確認1.文字数の設定 (半角、全角) について確認する

まず始めに、Outlook Express で行う文字数の設定はすべて "半角文字" の数で表されています。
"半角文字" とは「abc123+-=」などの英数字、記号を主に表示する文字のことで、これに対して「あいうアイウ一二三」などのひらがな、漢字などを表示する文字のことを "全角文字" といいます。

この、"全角文字" は一般的に "半角文字" の 2 倍の横幅を持ち、文字数も 2 文字分としてカウントされます。

このことから、例えば Outlook Express の「40 文字で改行」、という折り返しの設定は、全角文字だけで入力すると 20 文字までしか表示できない、ということになります。

文字数が超えている場合は改行が自動的に挿入され、表示が崩れてしまう場合あります。上記を踏まえ、ご用意している署名の1行の文字数が指定の文字数を超えずに作成されているかどうかをご確認ください。


確認2.フォントの種類について確認する

フォントには等幅フォント (固定ピッチフォント) とプロポーショナル フォントの 2 種類があります。

等幅フォントとプロポーショナルフォントの例
等幅フォントプロポーショナルフォント
MS ゴシック
MS 明朝
MS Pゴシック
MS P明朝
※同じ名前のフォントが 2 つあり、一方に "P" とついている場合は、一般的に "P" のついたフォントがプロポーショナル フォントです。

フォントは送信者側の設定だけではなく受信者側の設定にも影響されるため、受信者側のパソコンの設定によっては、送信者が意図したとおりに表示されない場合があります。


確認3.改行が正しく入力されているか確認する

署名を入力するウィンドウの大きさによっては、改行が正しく入力されている状態と自動的に折り返している場合との見分けがつきにくいことがあります。

例えば、Outlook Express のメール編集画面の場合、編集画面の端まで文字を入力すると行が折り返して表示されますが、これは編集画面の大きさの制限のため自動的に折り返して表示されているだけであり、実際は改行の指定がされていません。
このような状態で署名を作成すると、別の画面では文字が改行されずに 1 行に表示されてしまうことがあります。

改行や空白文字は画面上に表示されないため、ウィンドウの大きさを変更したり、作成した署名をメモ帳に貼り付けてみるなどして、それぞれでも表示が崩れずに署名が表示されるかどうかをご確認ください。


上記 3 点をご参考に、署名の設定を再度ご確認ください。

 

ページ top へ 

 

 
サポートのお申し込み、ご相談
 
 
  レスキューミー!では、電話によるパソコンサポートサービスも実施しています。
現在パソコンでお悩みのお客様は、こちらの利用もぜひご検討ください。
 
     
  お電話でのお申し込み  
 
  電話番号 03-6733-3700
  営業時間
(年中無休)
平日、土曜日/11:00 〜 20:00
日曜日、祝祭日/11:00 〜 18:00                   
 
     

 

ページ top へ 

 
利用規約    プライバシーポリシー    特定商取引に関する法律に基づく表示   会社概要   お問い合わせ

運営 : スリープロ株式会社
開発及び技術協力 : 株式会社タイムインターメディア
Copyright (c) 2006-2012 ThreePro Inc. All rights reserved.